働きがいのある視能訓練士を目指して国家試験取得をしよう

国家資格取得を目指せる視能訓練士学校の特徴~教師の質を確認!~

眼科検査助手と視能訓練士の違い

日本眼科医会が行っている資格が必要な眼科検査助手


眼科検査助手は一般検査や視野検査を行うだけでなく、手術のときには医師に器具を渡すサポート、患者さんへの病気の説明などを行います。国家資格の取得は必要ありませんが、日本眼科医会が行っている資格試験の取得が必須です。

国家資格が必要な視能訓練士

視能訓練士は眼科医からの指示によって目の検査や機能を回復するための訓練を行います。視能訓練士は眼科のスペシャリストとして検査を行った結果をもとに眼科医は治療をすすめていきます。国家資格が必要です。

働きがいのある視能訓練士を目指して国家試験取得をしよう

メンズ

視能訓練士になる為の国家資格について

視能訓練士になるための資格試験は年に1回行われます。試験は国家試験で試験を受けるためには必要な受験資格があります。
・高校を卒業してから指定されている視能訓練士養成施設(大学は4年制、専門学校は3年制)で3年以上必要な知識と技術を修得
・短大、大学または看護師や保育士の養成機関にて必要科目を学んだ後に、指定の視能訓練士養成施設で1年以上必要な知識と技術を修得
・海外の視能訓練士の学校を卒業
以上、3つのうちのいずれかを満たしたものに受験資格が与えられます。
試験科目は5科目を1日かけて行われます。

国家資格取得が目指せる学校の特徴

就職が厳しいときには、より就職に有利になるためにと国家資格を取得を目指す人が増加します。学校を卒業しても必ず資格を取得できたり、就職できるということではありません。
ただし、国家資格取得を目指している学校を利用することによって専門知識に長けた先生が授業を行い、テキストなども書店などで販売しているものよりもより効率的に分かりやすくなっており、わからないことは質問を先生に直接することができます。
授業内容も資格に向けたカリキュラムが組まれており、カリキュラム通り学習をしていると試験までの力を付けることができます。

視能訓練士が働きがいを感じる瞬間とは

専門性が高く、高齢化社会となり検査機器も最新化が導入されることが多くなり視能訓練士の評価がアップしています。子供やお年寄りの方がとくに多く、じっくり話し合いをして納得してから検査や処方ができたときや訓練が順調にすすみ患者さんから感謝されるときなど、仕事のやりがいを実感することができます。結婚してからも働くことができ、残業が少なく、給料も安定しており、転勤が多い旦那さんがいてもさまざまな地域で働くことができる仕事です。常に進化する医療業界なので常に勉強が必要ですが、奥が深い分野で一生勉強し刺激となる仕事です。

国家資格取得の為に進学を考えている人からの質問

国家資格と民間資格について

国家資格は国の法律に基づいた資格で、それ以外はすべて民間資格です。国家資格と違い、民間団体や企業などが独自の基準を設けています。
民間資格といっても、国家資格と変わらないくらいの知名度があり、資格を持っているとその業界での必須資格になっている場合もあります。

国家資格には種類がある

国家資格には大きく分けて種類が2つあります。
・資格を所有している人だけが業務が行える「業務独占資格」(医師や看護師、美容師など)
資格の所有者だけが業務を行え、資格がなければその業務を行ってはいけないと法律で決まっています。
・資格の所有者だけが名乗ることができる「名称独占資格」(介護福祉士、保育士、マンション管理士など)
資格がなくても業務ができますが、名乗ることができません。

大学に進学するか専門学校に進学するか

国家試験の中には、大学などで履修しなければ取得できない国家資格があります。そのためには、決まった学部・学科にて授業を受けて知識などを修得しなければなりません。
専門学校では、卒業すると取得できる国家資格や、その専門学校で学ぶと受験ができる国家資格があります。それぞれ、自分が就きたい職業によって、大学に進学するか専門学校に進学するか進路が変わってきます。

広告募集中